2016年2月5日金曜日

日本森林学会全国大会公募セッション「観光とレクリエーション」のご案内

第127回日本森林学会大会(日本大学生物資源科学部:神奈川県藤沢市)で,以下の公募セッションを予定しております。関心のあるみなさまのご参加をお待ちします。
http://www.forestry.jp/meeting/

T4. 観光とレクリエーション Tourism and recreation

コーディネータ:庄子康(北海道大学),愛甲哲也(北海道大学),久保雄広(国立環境研究所) 
3月29日 10:00-12:00,13:30-18:30 会場 1号館124講義室
ポスター発表 3月28日 P1-025〜P1-026 

 本公募セッションの目的は,近年の観光やレクリエーションに対する社会的な注目を反映し,これらについて議論できる場を部門レベルで設定し,研究交流の促進を図ることにあります。扱う対象は森林だけでなく,自然保護地域や自然公園,都市公園,景観,野生動物など幅広い対象を想定しており,観光やレクリエーションという文脈の下,様々な学問分野の研究発表がなされることを想定しています。観光とレクリエーションはこれまで風致部門においてキーワードレベルで扱われてきましたが,コーディネータは以下のような理由から部門レベルとして扱う必要であると考えています。1)林業が名目GDPに占める割合は0.1%に満たないのに対し,観光業は5.0%を占めています。自然地域での観光がこの値すべてに関係している訳ではありませんが,かなりの部分で関係していることは確かであり,社会的・経済的な影響やカバーする内容の広さから考えて部門レベルで扱ってもおかしくありません。2)全国の大学で観光関係の学部が新設されており,そこには森林学会に所属している研究者も数多く教員として採用されています。そのような研究者あるいはそこに所属する学生が発表する場を設けることが求められています。3)これまで観光やレクリエーションに関する発表は,主に風致部門で行われてきており,「環境教育」「住民参加」「ガバナンス」に関わるような発表は林政部門でも行われてきました。観光やレクリエーションは分野横断的な性質があるため,本公募セッションを立ち上げることで,観光とレクリエーションに関して総合的な議論を行うことが可能になります。本公募セッションは昨年度に引き続きの二回目の開催になります。昨年は立ち見が出るほど好評でありまし た。今年は昨年以上の発表申し込みがございますので,昨年以上に活発な議論が展開されるものと考えております。皆様のご参加をお待ちしております。

ベテランから若手まで,国内外をフィールドにした多彩な発表が予定されています。

自然保護地域におけるガバナンスのあり方試論(1):土屋俊幸(東京農工大学)
我が国の観光学の現状と森林観光研究:田中伸彦(東海大学)
森林生態系とエコツーリズムの展開に関する基礎的研究:海津ゆりえ(文教大学)
北海道南西沖地震後の奥尻島の復興と観光:山本清龍(岩手大学)
マレーシア・キナバル国立公園における協働型管理の現状と課題:熊谷嘉隆 (国際教養大学)
観光プログラムの流通・販売に関する一考察(その2):菅野正洋(交通公社)
国立公園における混雑の把握—屋久島・縄文杉登山ルートを事例に—:新井愛 那(鹿児島大学)ら

持続可能性指標を活用した合意形成手法に関する実践的研究- 奥日光をケースとして:寺崎竜雄(日本交通公社)ら
日光国立公園奥日光地域における利用者の行動と意識に関する 考察:五木田玲子(日本交通公社)
奥日光地域における生活と観光に対する住民意識に関する一考察:門脇茉海(日本交通公社)
国立公園での利用者行動調査における携帯電話GPSの活用可能性:奥日光地域での試行:宮坂隆 文(東京農工大学)ら
ヤマレコのGPSログを用いた戦場ヶ原訪問客の行動分析:梶野修仁(京都大学)ら

森林文化都市飯能のエコツーリズムにおける地域資源の観光対象化とその持続性:武正憲(筑波大学)ら
「牛久自然観察の森」の自然観察指導における市民参加型野鳥調査報告の活用:神宮翔真(筑波大学)ら
「経験の消失」時代における都市近郊林の役割:曽我昌史(東京大学)
都市近郊林と国立公園における野生動物への餌付けに対する利用者意識:稲場彩夏(北海道大学)ら
山岳地域におけるドローン利用に対する登山者の評価: 大雪山国立公園における事例研究:田岡拓未(北海道大学)ら

世界遺産登録の経済分析−疑似実験アプローチによる評価−:栗山浩一(京都大学)ら
登山道補修に関する募金フィールド実験:アンケート調査との比較:庄子康(北海道大学)ら
登山道補修に関する募金フィールド実験:情報提供が募金行動に与える影響:久保雄広(国立環境研究所)ら
協働型山岳環境修復・復元作業への地域外有志の受入は可能か?:菊池俊一(山形大学)
森林レクリエーションの利用者特性と環境意識—九州自然歩道の利用者アンケートを基に—:日和佐楓(福岡女子大学)ら
みちのく潮風トレイルの管理と協働に関する研究:坂拓弥(岩手大学)ら
大雪山国立公園における登山者の登山道管理への参加意欲:愛甲哲也(北海道大学)ら

ポスター
火打山におけるライチョウ確認時の特徴にみる個体発見効率のよいエコツアーの検討:小川結衣(筑波大学)ら
サイバーフォレスト:2072年に向けた自然認証のための全球感覚について:斎藤馨(東京大学)ら

お問い合わせは愛甲まで
tetsu@res.agr.hokudai.ac.jp

2016年1月29日金曜日

セミナー「緑地の協働型管理を考える」のご案内

マサチューセッツ州立大学 ランドスケープ・地域計画学科
ロバートライアン教授 特別セミナー
緑地の協働型管理を考えるー
【開催日時】2016年2月16日(火曜日)15時~17時半
(開場:午後14時半)
【開催場所】東京農業大学造園科学科第2製図室(11号館3階)


マサチューセッツ州立大学で、ミシシッピ川流域の自然再生事業に関わる市民団体や住民意識の先駆的研究を行い、環境心理学のアプローチから市民の緑化活動研究に取り組むロバートライアン氏と、山岳自然公園の利用や環境保全計画について国内外で活躍される研究者北海道大学院愛甲哲也氏をお招きし、特別セミナーを開催します。
特別セミナーでは、アメリカ、日本の緑地の事例報告を行いながら、協働型管理の現状と今後の課題について、研究議論を深めたいと思います。
なお、本研究の報告は英語で行う予定ですが、一部日本語による解説を設けます。参加無料ですので、一人でも多くの学生の皆様、農大内外の皆様、奮ってご参加ください。
【プログラム】
1500
開会
15151600
「グリーンウェイ・プランニングとプレース・アタッチメント」
マサチューセッツ州立大学教授ロバートライアン氏
16001700
日本とアジアにおける緑地の協働管理
事例1巻機山の協働型管理
栗田和弥氏(東京農業大学造園科学科)
事例2:阿蘇国立公園における多様な主体による二次草原の協働型管理
町田怜子氏(東京農業大学造園科学科)
事例3:札幌、厚木等都市の緑地における協働型管理
御手洗洋蔵氏(東京農業大学バイオセラピー学科)
事例4:日本とアジアの山岳地域における環境保全と協働型管理
下嶋聖氏(東京農業大学環境緑地学科科)
17001730
全体討論
コーディネータ:愛甲哲也氏(北海道大学大学院農学研究院)
    栗田和弥氏(東京農業大学造園科学科)
1730
閉会

【主催】東京農業大学地域環境科学部造園科学科自然環境保全学研究室/観光レクリエーション研究室 問い合わせ先:造園科学科 町田(r3machid@nodai.ac.jp

【共催】北海道大学

2015年12月8日火曜日

第8回自然公園研究会「山岳地・トレイルの協働型管理を考える」

第8回自然公園研究会(共催:北海道大学)の開催概要
 
<テーマ>
  山岳地・トレイルの協働型管理を考える

<日時>
  2016年2月15日(月) 13:30~17:00

<会場>
 公益財団法人日本交通公社 大会議室 ※JR「東京駅」丸の内北口から徒歩2分
 (〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル17階)
 ※会場地図 http://www.jtb.or.jp/about/map をご参照ください。
     
<プログラム内容>
・事例報告1:ボランティアの愛着と参加意欲〜北米の緑化,景観保全,アディロンダック公園などの事例から
  ロバート・ライアン氏(マサチューセッツ大学 教授)、【日本語補佐】亀井 佑矩(たすく)氏 (北海道大学大学院農学院)
・事例報告2:信越トレイルの取り組み
  高野 賢一氏(信越トレイルクラブ 事務局長/なべくら高原・森の家 支配人)
・事例報告3:七時雨山のトレイルランの運営と地域振興
  谷 彩音氏(パシフィックコンサルタンツ株式会社)
・事例報告4:大雪山における一般登山者のボランティア・山に恩返しツアー
  佐久間 弘氏(山樂舎BEAR 代表)
・議論
  コーディネーター:愛甲 哲也氏(北海道大学大学院農学研究院 准教授) 
※プログラムは、諸事情により変更になる場合もございますので、予めご了承ください。
※今回の研究会は「北海道大学・間協定校交流事業」の一部として行います。 
 
<申し込み・お問い合わせ>
 参加ご希望の方は、ご所属、お名前、ご連絡先(Eメール若しくは電話番号)を添えて、
 事務局宛に2月8日(月)迄にお申し込みください。

 なお、研究会終了後、アットホームな懇親会を開催予定です。
 研究会の申込同様、懇親会への参加有無につきましてもご2月8日(月)迄に、事務局までご連絡をお願いいたします。
     
<事務局>
  公益財団法人日本交通公社 伊豆、門脇、五木田
  メールshizen@jtb.or.jp  TEL:03-5255-6125  FAX:03-5255-6077
 
※ご確認:メーリングリストへの登録について
 自然公園研究会では、Googleグループで作成しましたメーリングリスト(以下、ML)を作成しており、自然公園関係の研究者や行政関係者、公園管理者等約150名が登録されています。
 こちらのMLは、本研究会のご案内以外にも、MLメンバーからの自然公園関連情報の情報共有に利用しています。
 出席予定の方は本MLに登録させていただきますが、ご希望されない場合はその旨ご連絡ください。
 なお、今回は欠席の場合でも、MLへの登録は可能です。ご希望される場合はご連絡ください。

2015年11月5日木曜日

国際シンポジウム「東アジアの自然保護地域における協働型管理の課題」のおしらせ

国際シンポジウム「東アジアの自然保護地域における協働型管理の課題」

主催:環境研究総合推進費 課題番号4-1407:代表 土屋俊幸(東京農工大)

★日時:20151122(日)10:00-16:30
★場所:東京農工大学 農学部 連合農学研究科棟 4階第2会議室
参加費:なし *事前申し込み不要

<プログラム> *使用言語:英語

1(10:00-12:00
1.開会挨拶
2.講演1  「韓国国立公園における協働型管理」
       韓国国立公園局  Lee Yong Kyu氏 
3.講演2  「台湾における農村景観保護地域の計画と管理」      
       国立東華大学准教授 Kuang-Chung Lee

2(13:00-14:45)
4.講演3   「モンゴルの保護地域における協働型管理」        
      モンゴル国環境省 Orgil Batsukh
5.講演4   「わが国の国立公園における協働型管理運営」
     北海道大学大学院准教授 愛甲哲也
6.資料紹介 環境省自然環境局国立公園課

3部(15:05-16:30
7.パネルディスカッション
   パネリスト:全講演者
   コメンテーター:マレーシア工科大学教授
              Amran Hamzah氏                            
   コーディネーター:国際教養大学教授 熊谷嘉隆
8.閉会の挨拶


*なお、当日は、日曜日ですが、特別の催事があるため、大学内の食堂は12時−14時のみ営業しています。ただし、混雑が予想されることから、各自昼食等ご持参いただくことをお薦めします。会場は食事のために開放します。

問い合わせ先:東京農工大学大学院農学研究院 国立公園推進費プロジェクト 
E-mail: np4_1407@cc.tuat.ac.jp (担当土屋・宮坂・林)


2015年11月3日火曜日

森林学会全国大会公募セッション「観光とレクリエーション」のお知らせ

今年の3月は北大で開催されました日本森林学会全国大会での公募セッション「観光とレクリエーション」では,多くの発表とご参加をありがとうございました。引き続き,第127回日本森林学会大会2016年3月27日(日)〜30日(水)神奈川県藤沢市の日本大学生物資源科学部でも同様のセッションを開催します。

大会参加の申込み、研究発表の申込みの専用サイトがオープンしましたので,発表・参加を希望される方は,下記の期日をお忘れなきよう,お申込みよろしくお願いいたします。研究発表を申込みされる方は、2015年11月19日(木)17:00までに、下記学会ウェブサイトにアクセスし、専用サイトにて登録を行って下さい。今年は,口頭発表に加えて,ポスター発表も募集します。
http://www.forestry.jp/meeting/meeting127/registration.html

2015年11月19日 17:00 研究発表する場合の参加申込み及び参加費支払いの締切
2016年 1月14日 17:00 大会参加のみ(聴講のみ)の場合の参加申込み及び参加費前納の締切
2016年 1月14日 17:00 学術講演原稿の提出締切(研究発表する場合のみ)

公募セッション
T4. 観光とレクリエーション Tourism and recreation
本公募セッションの目的は、近年の観光やレクリエーションに対する社会的な注目を反映し、これらについて議論できる場を部門レベルで設定し、研究交流の促進を図ることにあります。扱う対象は森林だけでなく、自然保護地域や自然公園、都市公園、景観、野生動物など幅広い対象を想定しており、観光やレクリエーションという文脈の下、様々な学問分野の研究発表がなされることを想定しています。観光とレクリエーションはこれまで風致部門においてキーワードレベルで扱われてきましたが、コーディネータは以下のような理由から部門レベルとして扱う必要であると考えています。1)林業が名目GDPに占める割合は0.1%に満たないのに対し、観光業は5.0%を占めています。自然地域での観光がこの値すべてに関係している訳ではありませんが、かなりの部分で関係していることは確かであり、社会的・経済的な影響やカバーする内容の広さから考えて部門レベルで扱ってもおかしくありません。2)全国の大学で観光関係の学部が新設されており、そこには森林学会に所属している研究者も数多く教員として採用されています。そのような研究者あるいはそこに所属する学生が発表する場を設けることが求められています。3)これまで観光やレクリエーションに関する発表は、主に風致部門で行われてきており、「環境教育」「住民参加」「ガバナンス」に関わるような発表は林政部門でも行われてきました。観光やレクリエーションは分野横断的な性質があるため、本公募セッションを立ち上げることで、観光とレクリエーションに関して総合的な議論を行うことが可能になります。本公募セッションは昨年度に引き続きの二回目の開催になります。前回は立ち見が出るほど好評だったこともあり、セッションの枠組みや会場を拡大して開催したいと考えています。多数の応募をお待ちしております。
コーディネータ:庄子康(北海道大学)、愛甲哲也(北海道大学)、久保雄広(国立環境研究所)

第127回大会で開催される公募セッションと企画シンポジウムの一覧は,大会ウェブサイトからご覧ください。
http://www.forestry.jp/meeting/
今のところ,3月29日を本セッションでは予定していますが,スケジュール調整の関係で前後する可能性もありますので,ご了承ください。
ご質問などありましたら,何なりとお問い合わせください。

--
愛甲 哲也
北海道大学大学院農学研究院
Tel/Fax 011-706-2452
tetsu@res.agr.hokudai.ac.jp
www.agr.hokudai.ac.jp/hsla/aikoh/

2015年7月2日木曜日

登山道の協働型管理をテーマにした研究会のお知らせ

東日本林業経済研究会のご案内

本年度の東日本林業経済研究会についてご案内を致します。参加を希望
される方は、下記に示すページにございます参加申込用紙に必要事項を
記入の上、7月31日までに庄子までメールにてお申し込み下さい。

●概要
 期間:2015年8月24日午後から25日お昼まで
   (1日目がエクスカーションで、2日目がシンポジウムの予定)
 場所:北海道上川郡東川町(24日宿泊先:旭岳温泉)

●シンポジウム
 日時:2015年8月25日9:00~12:00
 場所:北海道上川郡東川町(森林体験研修センター)
    キトウシ森林公園内(北海道上川郡東川町西5号北44番地)
    http://www.kazokuryokoumura.jp/
    東川町市街地までは旭川空港から車で15分、旭川からは30分、
    新千歳空港から高速道路を利用して約3時間
    https://town.higashikawa.hokkaido.jp/about/maps-and-directions.php
    ※参加者多数の場合は、会場を「第二地区コミュニティセンター
    (東川町西4号北30番地)」変更する可能性があります。
 テーマ:地域社会と自然観光資源の管理:登山道管理を事例として
    地域社会にとって観光は大きな役割を担っています。特に自然資源を
    利用した観光は、一部の地域経済においては基幹的役割を担っています。
    そのような中、過疎化や人口減少に伴い、これまで山岳会などが担って
    きた自然観光資源の維持管理に十分な手が回らなくなってきています。
    誰がどのような形で自然観光資源の維持管理を担って行くのかが大きな
    課題となっています。一方で、都市には自然資源の管理に貢献したい
    という人々もいます。実際に山を利用している大部分は都市に住む人々です。
    このような中で、自然観光資源を協働型で管理する方向性も検討されて
    います。今回は登山道管理に焦点を当てながらも、地域社会と自然観光
    資源の管理、またそこへの都市住民との関わりなどについて幅広く議論
    したいと思います。
 報告者:
    山口和男(自然環境コンサルタント・代表取締役)
    愛甲哲也(北海道大学・准教授)
    菊池俊一(山形大学・准教授)
    荒井一洋(NPO法人大雪山自然学校・代表理事/NPO法人ねおす・理事)
 座長・司会進行:
    土屋俊幸(東京農工大学)
 当日のスケジュール(予定)
    09:00~09:10 趣旨説明
    09:10~09:35 山口報告
    09:35~10:00 愛甲報告
    10:00~10:25 菊池報告
    10:25~10:50 荒井報告
    11:00~11:10 休憩
    11:10~12:00 討論
    ※討論終了後に、キトウシ森林公園内にある「東川・ニセウの森」の
     見学も行います。
 参加費:会場費一人300円を頂きます。

●エクスカーション
 日時:2015年8月24日13時
 実施場所:大雪山国立公園・姿見の池周辺(東川市街地までは車で30分)
    http://www.wakasaresort.com/asahidakeropeway/index.htm
    ※参加希望者は13時に旭岳ロープウェイ(旭岳山麓駅)の二階券売所前に
     集合して下さい。
 テーマ:協働型の登山道管理の現場見学
 参加費:
    NPO法人大雪山自然学校に案内を依頼するため、資料代1,000円を頂きます。
    現地まではロープウェイを利用して移動します。資料代とは別に、姿見駅
    までロープウェイ代往復2,900円がかかります。
    ※本格的な登山ではありませんが、登山をする服装および装備でお越し
     下さい。現地では、8月下旬に初雪が観測されたこともあります(一方で
     真夏日になることもあります)。それなりの防寒着をご用意下さい。

●宿泊と懇親会について
 現時点で旭岳温泉の北海道教育大学旭川校の大雪山自然教育研究施設と
 ロッジ・ヌタプカウシペを予約しています。前者は学生向けの宿泊施設として、
 後者は教員向けの宿泊施設として考えています。前者は食事なし(北大学生が
 中心となり共同で準備の予定)、後者は食事があります。懇親会も旭岳温泉
 での実施を予定しております。宿泊費用については別途ご連絡します。

●問い合わせ先
 庄子康(しょうじ やすし)
 〒060-8589 札幌市北区北九条西9丁目
  北海道大学農学部 森林政策学研究室
  Tel: 011-706-3342
  E-mail: yshoji@for.agr.hokudai.ac.jp

●参加申込用紙
 下記よりダウンロードできます。
 https://www.dropbox.com/sh/i7b2hz1ua8akc4v/AADU0m2J7lFtzTtF0RiiTw0Na?dl=0